スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深い闇から抜け出した、☆律ちゃんと私☆

2015.08.22.15:26


こんにちは☆

前回は、長文の暗い文章でしたが、沢山の皆様からコメントを頂き、
とっても驚きました。。本当にありがとうございます。。
ひとつずつ大切に大切に、読ませて頂きました。。
ちょっぴり涙もでちゃいました〜。。

そして、皆様が少なからず、育犬についてお悩みをお持ちである事を知り、
私だけではないんだという気持ちと、
尚更、きちんとありのまま書こうと思いました。。

今日は前回の続きをお話しようと思います。。
(今日もかなりの長文になりそうです。。すみません。。)



まず☆( 律ちゃんの性格 )☆

☆性格は、普段は、大人しめで穏やか。。
☆他の人、他の犬とも問題なく仲良く接することができる。。
☆嫌なことは絶対嫌!の芯は強気で頑固な性格。。
☆友好的な反面、人や犬に、自分の弱みは見せたくない。服従はしたくない。。
 もちろんお腹もみせたくない。。

という性格です。。

大人しいのに頑固なので、嫌な事がある時に『犬の野生の本能』が
グワっと出てきてしまう様でした。。



そして、☆( 私達のこうなって欲しいの希望 )☆

☆私達と絆を作って、信頼関係をお互い持ちたい。。
☆私達に依存しないように育てたい。。分離不安にならないように気をつける。
 例えば私達の姿が見えなくても、鳴いたりしないように、自立できる事。。
 (この時点で鳴いたりはしてませんでしたが、将来そうならないように)
☆顔や身体、何処を触っても嫌がらない。。
☆ケージに入ってお留守番。(この時点ではできていますが、維持したい)
☆バッグやキャリーに入っても大人しくできる。。(当初は鳴いてました)
☆既に友好的な性格だけど、それを成犬まで維持したい。。
☆人や他の犬に噛んだり、攻撃的な態度を取らない子にしたい。。
☆どこでも問題なく一緒にお出かけしたい。。

以上の目標の気持ちを強くしっかり持って、
律ちゃんと頑張る決意をしました。。



さて、、、パピーパーティーで出会った、ドックトレーナーの先生のお言葉に
胸を打たれた私は、先生が主催されている『しつけ教室(パピークラス編)』
に参加をする事になりました。。

その教室には、私の他に2組の飼い主さんがいらっしゃって、
皆さん、同じようなお悩みを抱えた方達でした。。
そして、自分の愛犬と信頼関係のある、よりよい関係を目指したい。
という熱い思いをお持ちでした。。

3匹でのトレーニングが始まりました。。
みんな、初めてのしつけ教室です。。そして『飼い主も一緒に参加する』
という方式です。。

先生の方針は、体罰は決して使わない。マズルコントロール等も行わない。
褒めることで、犬自信が覚えて、褒められる喜びを持たせて成長させる、
教え方でした。。

しかし、怒る時は全力で怒る、『ダメな事をした』ときちんと犬自身に
思わせる事が大事との事でした。。

私自身も嫌な所から目を背けて、ただ可愛がるだけではいけない。。
心を鬼にして、律ちゃんを、正しい道に導かなくてはいけないのです。


先生の指導のもと、家で徹底して実践したことがあります。。

☆部屋でフリーにしている時に、必要以上に私から構わない。。
堂々と振る舞う。見てみぬふりをしていい。。
 (初めは私から目を合わせたり触ったりを、あえてしませんでした。。)

☆極力、家では興奮させないで、落ち着かせる。。
 興奮するような大げさな褒め方をしないなど。。
(おちつく事によって犬が自分の頭で考えるようになる.飼い主に意識がいく)

☆犬の機嫌を伺わない。。通る通路にいても自分がよけずに犬によけさせる。。
 犬社会ではどいた方が負けなので、必ず、よけさせるように。。

☆犬の方から膝の上にのせさせない。。
 犬に主導権を握らせない。。あくまで主導権は私達。。
 


徹底することで、私達の事を群れのリーダーとして認識させる事が
とても大切でした。。

犬社会では、群れのリーダーや、母犬が取っている行動らしいです。。

そして1番悩んでいた、嫌な時に歯をむいたり噛むことは、

『飼い主さんの事をリーダー、母犬と認識していないから信頼されていない。
 兄弟犬と同じ立場になっているから噛むんです。。
 きちんと飼い主さんとの信頼関係を築かないと、将来、
 問題行動を起こすようになりますよ。』と言われました。。

なので、先ほどの家で徹底している事にプラスして、実践した事は。。

☆甘噛みは絶対にさせない。しっかり怒る事。。少しでも歯を見せたら、
立ち上がって身体を大きく動かし怒鳴りながら目をみて大げさに怒るように。。
キャンキャンと縮めこむレベルまで怒っても大丈夫。。
それをひたすら繰り返す。。

☆ひっぱり合いの遊びをした時は唸り出すと、おもちゃ取り上げる。。
 その後は一切遊ばない。
 ケージ以外は飼い主の縄張りだと自覚させるようにする。。

以上を徹底して実践しました。。

そして、同時進行に『お座り』、『待て』、『ハウス』、『呼び戻し』
等の訓練もしました。。
そのとき大切なのは、必ず『ご褒美のおやつ』を用意する事。。
嫌々、覚えさせるんのではなく、ご褒美をあげて、なでであげて、
沢山ほめてあげる。。
犬自身に、覚える事の楽しさを自覚させる。。

そして、人の手は決して、怖い、嫌なものではない。。
なでて、可愛がってくれて、ご褒美をくれる『優しい手』なのだと
認識させる。。

その事によって、人に信頼をもち、その『優しい手』を噛もうという気持ちを
自然に持たなくなるのです。。

 




先生のご指導のもと、徹底して実践した私達に対して、
律ちゃんは、少しずつ、本当に変わりました。。

以前は、好き勝手、見向きもしなかったのに、、、
自分からアイコンタクトをして、常に私達の行動見て動き、指示を待つ様に。。

どこにいても名前を呼べば、すぐに来る様になりました。。

分離不安の行動も出ていません。。『待っててね』など逆に不安になるような
声は一切かけないで当たり前のように、堂々と離れることで、
律ちゃんも安心して、大人しく一人で待っています。。

信頼関係を持つ事で、あんなに嫌がった身体や顔を触らせる事も、
嫌がる事もなく大人しく触らせます。。
抱っこも大好きになりました。。

お悩みのブラッシングも、今では歯をむけずに、
安心して私達に身体を預けるようになりました。。
嫌な時も噛まないで、振りほどく動きをして、知らせるようになりました。

してはいけない事をしても『ダメ!!』の一言でピタッとやめるように
なりました。。


すべては、リーダーシップをしっかり持って、信頼関係をつくること☆
その事が、犬に安心感を持たせて穏やかに過ごせるようになるのです。。

しつけ教室と同時にパピーちゃんに触れ合える、『パピーパーティー』も
6ヶ月まで、全て頑張って参加しました。。社会性を身につけて貰いたい。。
そのお陰か人見知り、犬見知りもなく、
他の人もワンちゃんも大好きな子に育ちました。。






あんなに悩んで悩んで、泣いた日々が今ではとても、懐かしいです。。
くじけそうになっても、一緒に頑張って良かったなと心から思います。
律ちゃんと私達。。離れていても、いつもお互いを意識して信用して、
本当の信頼関係が出来たと思います。。



KC4A0249のコピー
(ノートに記載して、家や電車の中で読み返します。。
 必死なので、乱筆ですみません。。しつけノートも今では2冊目突入です☆)




でも・・・まだまだ勉強中の、私達と律ちゃんです。。

『しつけ教室 パピークラス編』は終了して、
現在は『しつけ教室 オビディエンス1』に参加しています。。




律ちゃんが、私たちと一緒にいて、『 幸せ 』ともっと思ってもらえる様に。。
そして、、誰からも愛される子に、育って欲しいです。。





今でも、彼は聞いてきます。。



『 律ちゃんのこと、可愛い?好き? 』
 
自信を持って、胸を張って、答えられます。。

『 うん!可愛い!大好きだよ!・・律ちゃんに出会えて良かったね! 』






これからも、自分達の無理のないペースで、楽しむ事も大切にしながら・・・・

律ちゃんと私達。。。。一緒に頑張っていきますね!☆
          

そして・・・律ちゃん。。
私達を、信じてくれて。。受け入れてくれて。。本当にありがとう。






150821_2334~01
(昨晩、彼に撮ってもらいました〜☆ 律ちゃんと私です♥
 彼の呼びかけにアイコンタクト、バッチリです(^-^))






すごく長文(汗)、そしてきちんと書けているか不安ですが、、

ここまで読んで頂き本当に本当に、ありがとうございました☆☆(^-^)












スポンサーサイト

☆律ちゃんと私☆・・・闇を抱えた、悩みに悩んだ時間。。

2015.08.20.13:19


ブログを始めて、、皆様に温かいお言葉をかけて頂き、とても嬉しいです。。
いつもありがとうございます。。


実は、ワンちゃんを迎えたら、すぐにブログを始めようと思っていました。。
皆様の素敵な育犬ブログをみて、私もぜひ記録に残したいと。。

・・・そう決心していたのに、実際は律ちゃん、生後6ヶ月の時に
   ブログを始める事になりました。。

・・・そこには、色々と理由がありまして。。。


ブログを始めて、皆様から『律ちゃん、お利口さんですね〜。』
と嬉しいお言葉を頂く事が多いです。。

本当にすごく嬉しいです。。

でも・・・ここまで来るのに、とてもとても、、大変でした。。

・・・おトイレは全然覚えてくれない・・・私とアイコンタクトをしない・・・
・・・言う事を全然聞いてくれない・・・・反抗的な態度・・・
・・・頭をなでようとすると歯を剥いて怒る・・・抱っこも嫌がる・・・
・・・甘噛みがひどい・・・等々


前に育てていた、猫の『宗麻』はとても賢い子でしたので、
全く苦労もなく育てる事が出来ました。。
なので余計に、戸惑ってしまい、本当に色々悩みました。。
でも、『 頑張ろう 』と思い、私なりに色々調べて、
律ちゃんを育てていました。。

そんなある日、私の服を噛んだので,『ダメでしょ』と言って
服を取りあげようとしました。。
そのとき、うなって『ガブっ!!』甘噛みの範囲をはるかに超えていました。。
血がドバーっと吹き出て、、私もカッとなり、
律ちゃんを掴んで、怒鳴って、そのままケージ放りこみました。。

・・・台所で、吹き出る血を水で流しながら、、
まだ生後3ヶ月になっていない身体の小さな子に、本気で噛まれて、、、
とても恐怖を感じました。。
・・・悲しくて悲しくて、本当にショックでした。。
そして・・怒りに任せて怒鳴り、ケージに放り込んだ自分にも
嫌気がさしました。。

・・・ある日、初めてのブラッシングをする事に。。
私が律ちゃんを支えて、彼がブラシを入れる係でした。。
ブラシをいれた瞬間、律ちゃんは、歯をむき出して唸り始めました。。
そして何度も噛もうとガウガウします。。
顔や、マズル周りなんかは特にすごい怒りようで。。
それでもなんとか恐る恐るブラッシングをしていた時に、
私が少し油断して手を離してしまいました。。

その瞬間、『ガブっ!!』・・・またも本気噛みをされて
血が出てしまいました。。
そしてまた、怒りに任せて怒鳴り、ケージに放り込んでしまいました。。

普段は、人なっこい子なのに。。時々、豹変する律ちゃんに、、、
『どうしたらいいんだろう・・・』本当に悩みました。。
それからも何度も唸られて噛まれる事が続きました。。
バンドエイドの数だけが増えるように。。。

仕事が終わって、家の最寄り駅に到着した時。。
・・・家に帰れば律ちゃんがいる。。。
・・・律ちゃんに会いたくない。。。
駅のホームのベンチに座って動けなくなった事も何度もありました。。

私は、完全に『 育犬ノイローゼ 』に陥ってしまいました。。

全然、可愛いとも思えず、私からも目を合わせなくなり、、
噛まれたくないから距離をあけて接したり。。
毎日ブラッシングをしなきゃいけないのに、全然しませんでした。。
犬を飼う事をやめれば良かったとまで、思う様に。。。
・・・・他の犬にすれば良かったと最低な事も考えるまでに。。

彼によく聞かれている事がありました。。

『律ちゃんの事、可愛い?好き?』その質問に私は、
『まだ、わからない。。わからないよ。』とはぐらかして答えていました。。



そんなある日、『育犬ノイローゼ』で悩んでいる方々とそのお悩みに
アドバイスをするサイトに出会いました。。
そこで悩んでる方のコメント、アドバイスをしているコメントを読んで、
私、一人が悩んでいるんじゃない。。すごく気持ちが楽になりました。。
なんとかしなきゃ。。
今、なんとかしないとこのままでは、律ちゃんを幸せにできない。。


そんな時、お世話になっている、動物病院のパピーパーティーで、
一人のドックトレーナーの先生に出会いました。。
警察犬や、災害救助犬を指導している素晴らしい先生です。。
パピーパーティーの時に、噛む事など先生にちらりと相談してみました。。
先生は、

『 まだ、飼い主さんは、この子のリーダーになれてないんですね。
 だから歯をむけて、噛むんですよ。。
 
 単純に嫌だから噛んでいるのではないですよ。。
 嫌なら鳴けばいいだけです。。
 要するに自分より下にみているから、噛むんですよ。。
 
 母犬ともしっかり上下関係を作っているから逆らわないんです。。
 母犬がちゃんと、子供のリーダーになっているんです。。
 
 だから飼い主さんが、しっかり絆を作った上で、
 リーダーになってあげないと、、
 将来、、他のワンちゃんに吠えたり、他の人間にも噛んだり、
 結果的に飼い主さんも犬も、安心して幸せにはなれないんですよ。。 』

その言葉が、深く深く、私の心に突き刺さりました。。

『 今の私は律ちゃんのリーダー的な存在になれてない。。
 だから信用もされてないし、 不安にもさせて、
 リーダーとして認められてないから、噛まれるんだ。。』

私自身の考え方も変えなければいけない!
私は、律ちゃんときちんと向き合わなければいけない!そう強く思いました。。

そして、、、先生のもとでしつけの仕方を教えて頂こう!!
そう決意しました。。



すみません〜。。とっても長くなってしまいました。。(T^T)
続きは次回にさせて下さい。。(T^T)

次回は、『 深い闇から抜け出した、律ちゃんと私 』のお話を。。。

お写真は、『 生後2ヶ月半 』の頃の律ちゃんです(^-^)

暗〜くて、長い文章におつき合い頂き本当にありがとうございました。。

150320_0013~

150329_1640~0





















プロフィール

宗麻

Author:宗麻
☆2014年12月31日
生まれ『 律(りつ) 』

現在、1歳 2ヶ月 。。
ブラック。
トイプ−ドルの
男の子。。

体重1.38キロです
(2016年3月29日更新)

食べる事が大好きで、
元気いっぱいですが、

お散歩がまだまだ苦手で
お勉強中です。。

律ちゃんの成長記録と日々の日常を

ゆっくり残していけたらと思います。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。